雑記かけうどん

生産性のないことを考える

鈴木春信展に行ってみたらすごくよかったという話

※この記事は鈴木春信展の構成に関する微小なネタバレがありますがほとんど関係ないと思うので読み進めてもらって構いません。ネタバレすんなよと思っても自己責任でお願いします。俺は無実だ。

 

 

福岡市博物館で開催されている「鈴木春信展」に行ってきました。

 


f:id:n_dwu:20180803184242j:image

入り口の壁。

 

鈴木春信については「あー高校日本史で出てきた気がすんな」くらいの感じでしたが、何かに突き動かされて(暇だったのもあって)行ってきました。

 

そもそも鈴木春信とは何者なのか?

簡単に言えば、「錦絵」という木版多色摺りの技法の確立に決定的な功績を残し、浮世絵の発展に大きく寄与した人物です。

もっと簡単にいえば、たくさんの色を使って浮世絵を書いた先駆者的な立ち位置だと思います。

 

この錦絵が画期的だったことを説明するために、錦絵流行以前に流行していた「紅摺絵」との比較を見て頂きたい。

 

紅摺絵(墨に赤・緑の2色摺りを加えた絵)

ç³å·è±ä¿¡ã中æå代ä¸é æ読ç¾äººã

石川豊信
「中村喜代三郎 市村亀蔵 おきく 幸助」

 

錦絵(たくさんの色)

f:id:n_dwu:20180811235733p:plain

鈴木春信

「夕立」

 

 

 

めちゃくちゃすごくないですか?

鮮やかさがすごい。

実際、この「鈴木春信展」は最初に春信以前の紅摺絵の紹介がされ、その後に春信の作品が並んでいます。

私はまずそれで感動しました。

即座に鈴木春信の功績がわかるような構成になっているんですね。

 

 

また、春信の功績だけではなく、浮世絵のよさも伝わってきました。

私はこれまで歴史資料集などの本の上でしか浮世絵を見たことがなかったのですが、浮世絵の原本を見てみると、めちゃくちゃ凸凹してるんですよね。

ã空æºããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

これは「空摺り」という技法らしく、着物の柄に使われたり、また川のうねりの表現にも使われていました。

これは原本を見れてよかった、と思えるポイントでした。

 

 

 

当時浮世絵がどんな存在だったのかもなんとなく知ることができました。

庶民が箱に貼ったりして楽しんでいたという、月ごとの行事を描いた楽しい感じの絵があったり

絵にガッツリ依頼人の名前が書いてあり、えらい人に依頼されたんだろうなぁという絵があったり

いろんな種類の絵があり、当時浮世絵が社会にどう受け入れられていたのかをなんとなく感じることができました。

 

 

この「鈴木春信展」、ところどころに山田全自動さんの絵があったり、途中写真が撮れるスペースがあったりと遊び心もありました。

f:id:n_dwu:20180812001800p:plain

これを顔につけてSNSに上げれば1000000000シェア間違いなし。

暇な人もそうでない方も、ちょっとでも気になる人は行けば後悔はしないと思います。

私自身、文学部でも芸術学部でもなく専攻も江戸時代じゃないし「浮世絵ってなんや...?」と思いながら中に入って行きましたがそれでも「良い」と思えたので、「良い」んだと思います。

是非に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに「鈴木春信展」で一番面白かったのは「お百度参り」の英訳が「visit なんとかかんとか one hundred times」だと知れたことです。そのまんまかよ。