雑記かけうどん

生産性のないことを考える

電車に乗るということ

それは目的地があるということだ。

 

と、思う。

 

電車に乗っている一人ひとりがある目的地を目指している。目的地に向かうために電車に乗っているのである。

たとえ目的地を持たずにふらりと電車に乗り込む人がいたとして、その人もどこかの駅で降りることになる。これは後付け的にはなるが「目的地」と呼ぶことができるだろう。

 

誰かの通過点は誰かの目的地である。

また、誰かの出発点が誰かの目的地であり得る。

これらのことは当然のことではある。当然のことである余り普段そんなことは意識しない。

 

 

そしてその駅を目的地としている人にとっても、その駅は通過点でしかない。

駅で降り、改札を抜け、足取りを進めることによってのみ目的地へ向かうことができるのだから。

 

 

すべての駅は誰かの目的地である。

それと同時に、そこに辿りついた全ての人々にとっての通過点である。

 

 

当たり前のことだけれど、電車というものについて考えるまで気付くことが無かった。

という話。