ブログというか雑記

140字に入らないことを書きます。このブログはおおむねフィクションです。実際の人物、団体、その他もろもろのものとはそこはかとなく関係がありません。

沖縄で沖縄そばを食べた話

9/9〜9/12の4日間を沖縄で過ごした。


沖縄に行くのは初めてのことで、飛行機への不安と未知の地への期待を膨らませながら福岡空港から飛び立った。那覇空港に降りたつと旅の幸運を感じさせるような澄み渡る青空に迎えられた。はいさい。空港のレストランは値段が高いわりに量も少ないということで少し離れた沖縄料理店を目指してモノレール「ゆいレール那覇空港駅に向かった。空港から出た瞬間に口から漏れ出た言葉は「さすが沖縄」。それでも真っ盛りというわけではないのかもしれないが、少し涼しさが感じられ始めている福岡と比べると、とにかく暑かった。県庁前のデパート「パレットくもじ」地下にある沖縄料理店「ふる里」で沖縄そばセット(¥975)を注文した。沖縄そばに沖縄の料理であるジューシー、ジーマミー豆腐ミミガー、もずく酢のついたかなりお得なセットだった。早速沖縄料理に舌鼓をうち、幸先のいい沖縄の旅のスタートとなった。


とはいえ旅の主な目的は、在団する九大混声合唱団の九州合唱コンクールへの出場であった。9/10に行われる本大会は、11月に東京で行われる全日本合唱コンクールへの出場権を獲得するためのものであったので、要するにとてつもなく重要な大会だったのである。結果から言うと、金賞一位で無事全国への切符を獲得した。その夜は国際通りの「海援隊」グループの某店舗でオリオンビール泡盛を思いっきり楽しんだ。泡盛に心を奪われまんまと近くの土産屋で泡盛を一本購入し、ホテルへとタクシーで帰った。
沖縄での滞在については、沖縄のタクシーについて触れなければ語り尽くせないだろう。初乗り550円で、高くとも1000円強用意すればある程度のところならば行けてしまう。特に今回は合唱団で来ており、4〜8人で行動することが多かったため、割り勘で高々300円で移動することができた。


大会の終わった後の9/11,12は首里城をはじめ様々な観光地を巡った。綺麗な海を楽しむスポットから戦争に関わりのある地まで、観光タクシーや観光バスで廻っていた。そして今、福岡への飛行機の中でこの文章を打っている。電波使えなくて暇なので。こうして3泊4日の沖縄という非日常の旅は終わりを告げた。


沖縄での非日常を感じている間に私はとあることを痛感した。それは、私が沖縄での非日常を感じている間にも沖縄の人は沖縄においてそれぞれの日常を過ごしているのである、という至極当たり前の事実である。私が沖縄料理に感激し、泡盛に出会っている間にも、沖縄の女子高生はいつも通り通学し、国際通りの客引きはいつも通り大声をあげ、那覇のタクシー運転手は観光客を載せている。私が様々な感動を得た「沖縄」は、誰かにとっての生活空間であり、私が非日常を過ごした「沖縄」は、誰かにとっての日常なのである。


だからどう、ということはないが、そのことが私にはとても新鮮に思えたのである。博多ラーメンを日常の一部として食している福岡の一般的大学生としての私が存在すると同時に、博多ラーメンを特別な非日常の一部として食している観光客が存在する。ソーキそばを日常の一部として食している沖縄の人々が存在すると同時に、ソーキそばを特別な非日常の一部として食している観光客としての私が存在する。同じ空間、同じものを感覚しているにもかかわらず、それぞれの感覚は異なっている。不思議だなぁというか、おもろいなぁと思う。おもろいといえば、おそらく日本の中でおもろい駅名堂々の一位であろう沖縄県那覇市おもろまち駅」に行けなかったことは悔やまれる。


私が日常として感覚しているものも、たまには角度を変えて感覚してみるとおもしろいのかもしれない。そのことを非常に感じた沖縄での非日常であった。


あと、言い方には気をつけなければならないが、沖縄という場所では「戦争」がある一定の産業になっているのだと知った。戦争跡地や資料館はその維持のためか入場料をとり、まわりにはそこに観光に来た人を客として様々な店が軒を連ねる。それを口実に商売をしている、というと聞こえが悪いが、そういう面もある、ということである。
しかし、資料館に入り先の戦争の凄惨さを見せつけられると、「戦争」というものが、なんとなく軽い「観光」の中に含まれているというのは、より大勢が戦争を理解し平和を祈念するためには重要であるのかもしれないとも思う。


そんなことをつらつらと書いていると、飛行機が降下体制に入った。数分後には福岡、すなわち私にとっての日常に戻っていくのだろう。思えば、普段そうそう乗らない飛行機を使用したことで、非日常と日常の境が明白になっていたのかもしれない。


さようなら、沖縄。にふぇーでーびる。