読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログというか雑記

あんかけうどんのブログです

この星のうえで

チャリティーコンサートin福岡

4/22の土曜、福岡市立博多市民センターにて「東北・熊本震災チャリティーコンサートin福岡 2017」が行われます。

https://sites.google.com/site/charitytohokufukuoka/2017/abstract

このコンサートの第三ステージで歌われる「この星のうえで」(詩・谷川俊太郎 曲・松下耕)の、多くは詩についていくつか思うところがあったので、久しぶりに長文を書こうとブログを開きました。

曲集「この星のうえで」を知らない人は全く面白くないと思うので、そんな感じです。

また、この文に書いてあることはすべて僕の主観によるものなので、そんな感じです。

 

はる

一曲目「はる」。

曲集の中で最も短い曲。

はなをこえて しろいくもが

くもをこえて ふかいそらが

はなをこえ くもをこえ

そらをこえ 

わたしはいつまでものぼってゆける

ただただ美しい言葉ですが、注意したいのはこの「のぼってゆける」という表現。僕がこの詩を初めて読んだ時イメージしたのは、Nintendo64の「スーパーマリオ64」でマリオがピーチ城の天井の雲の絵を見た時に発生する、空を飛ぶボーナスステージのイベントでした。マリオがピーチ城の天井を見ると、画面が白い光に包まれ、イベントが発生します。

全く関係ない話をしましたが、ようするに「のぼってゆける」という表現はそのまま「のぼる」という行為のみでなく、「空を仰ぎ見て、空にのぼってゆけるような印象を受ける」という状態を指すとも受け取れるのではないか、ということです。そして

はるのひととき

わたしはかみさまと

しずかなはなしをした

「かみさまとしずかなはなしをした」という表現。これは、普段僕達が日常でするような「はなし」とは異なる「はなし」なのでは、と考えています。

「はるのひととき」に詩の第1連・第2連のような体験をした「主体(もしくは筆者)」が、その美しい花・雲・空を仰ぎみて、その「はる」の光景を「かみさま」とわかりあう。これが、この詩の全貌だと僕は捉えています。ここで言う「かみさま」とは、白い髭面のおじいさんではなく、また緑色の顔をした異星人でもでもなく、なにかこの地球そのものを包む光のような、エネルギーのようなものだと僕は勝手に捉えています。そして、この「わかりあう」という営みが「しずかなはなし」と喩えられているのでは、ということです。(「わかりあう」というのもきっちり当てはまる表現と言えないのですが、僕のボキャブラリーの中で一番意味が近い言葉なので使用しました。)

 

地球の客

二曲目、「地球の客」。

地球の客はわりと言葉がストレートな詩です。

地球という星に降り立ち我が物顔で跋扈するわたしたち人間の傲慢さや愚かさを描き、そしてどこか哀しみを帯びたこの詩は、「私たちの死後の朝」に向かって流れてゆきます。

 

おべんとうの歌

三曲目、「おべんとうの歌」。

曲集で最も長い曲。

魔法壜のお茶が

ちっともさめてないことに

何度でも感激するのだ

というフレーズで始まるこの詩(曲)は、楽しげなピアノとともに陽気なメロディが続きます。おべんとうを食べるという行為、その時間には小さな幸せがいくつも生まれます。魔法壜のお茶、梅ぼしおむすび、ゆで卵、キャラメルなど、そういった小さなものに幸せを感じると、空の青さに夢中になったり、小鳥のさえずりに声を潜めて耳をすまします。

そしてびっくりする

自分がどんなに小さなものに

幸せを感じているかを知って

そして少し腹を立てる

あんまり簡単に

幸せになった自分に

平和な時間が流れる中でおべんとうを食べるという行為には、いくつもの小さな幸せが含まれます。そしてあんまり簡単に幸せになった自分に「腹を立てる」ことになります。なぜなら、

ーあそこでは

そうあの廃坑になった町では

おべんとうのある子は

おべんとうを食べていた

そして

おべんとうのない子は

風の強い校庭で

黙ってぶらんこにのっていた

そういった内容の(何らかの雑誌か新聞の?)記事の写真を、詩の主体(もしくは筆者)ははっきりと記憶していたからでした。「どうすることもできぬくやしさが泉のように湧きあがる」という主体が、次に示す下の部分こそ、この詩の大きな主題だと僕は考えています。

どうやってわかちあうのか

幸せを

どうやってわかちあうのか

不幸を

前述のとおり、「廃坑になった町」では、

おべんとうのある子は
おべんとうを食べていた
そして
おべんとうのない子は
風の強い校庭で
黙ってぶらんこにのっていた

ここでは、「おべんとう」という小さな幸せが詰まったものは分かち合われず、幸せを持っているものは幸せを得、不幸を手にするものはそのままです。幸せを分かち合うことができない「どうすることもできないくやしさ」。だからこそ、「おべんとうの歌」なのだと思います。

そして

手の中の一個のおむすびは

地球のように

重い

 

ほほえみ

三曲目「ほほえみ」。

ほほえむことができる「ひと」と、ほほえむことができぬ青空・木・犬。前半の段では、ほほえむことができぬから青空は雲をうかべ、木は風にそよぎ、犬は尾をふり、感情の機微を表現します。そして後半の段ではほほえむことができる「ひと」が語られます。

ーだが人は

ほほえむことができるのに

時としてほほえみをわすれ

「ほほえみ」という表現手段を自在に操る「ひと」は、ほほえむことで必ずしも楽しい、嬉しい、といった感情を表現しません。

ほほえむことができるから

ほほえみで人をあざむく

「ほほえみ」の意味を考えさせられるような詩。

 

今年

五曲目、最後の曲は「今年」です。

涙があるだろう

今年も

涙ながらの歌があるだろう

上の言葉から始まるこの詩(曲)の中で、僕は一つだけ腑に落ちない箇所があります。それは、

短い旅に出るだろう

そして帰ってくるだろう 

農夫は野に

数学者は書斎に

普通に詩を読むと「農夫は野に」「数学者は書斎に」が「帰ってくるだろう」にかかることがすぐわかるのですが、曲の中では「帰ってくるだろう」と「農夫は野に」の間に明らかな空白(伴奏)があり、さらにこの部分から転調が始まることで言葉同士が隔離されているように聴こえる(もしくはそう歌ってしまう)ことです。この部分に関して何か一家言ある方は教えていただきたいのですが。

少しとんで

くだらぬことに喜ぶだろう

今年も

ささやかな幸せがあり

それは大きな不幸を

忘れさせることはできぬだろう

けれど娘は背が伸びるだろう

そして樹も

すこし上述の「おべんとうの歌」を思い出してしまうような詩ですが、こんな感じに、ひたすらに幸せ、ではなく、幸せはあるが、たしかに不幸もある、というような世界観が谷川俊太郎さんの世界観なのかもしれません。

地平は遠く果てないだろう

宇宙へと大きなロケットはのぼり

子等はかけてゆくだろう

単純に、この部分がこの「今年」という曲が曲集「この星のうえで」の終曲となっている理由ではないかなぁと思います。

「地平」「宇宙」は距離的な奥行、「子等」は「未来」を暗示して時間的な奥行をここに映し出します。

そして

今年も歓びがあるだろう

生きてゆくかぎり

いなむことのできぬ希望が

ここが「今年」 の締めであり曲集「この星のうえで」の締めとなります。「いなむことのできぬ希望」、否定することのできない希望が、わたしたちにはあるのです。今年も。この星のうえで。

 

この星のうえで

 「この星のうえで」というこの曲集、「この星」は、つまるところ「地球」のことです。この曲集に込められたものとして、「この星のうえで『生きるわたしたち人間』」という意味合いがとても強いように思えます。

そういった意味で、地震という自然(地球)の大いなる営みに対してそれでも強く生きる人々を支援するこの「東北・熊本震災チャリティーコンサートin福岡 2017」で歌うことに、僕は心を動かさずにはいられません。

4/22、博多市民センターで、お待ちしております。

https://sites.google.com/site/charitytohokufukuoka/2017/abstract