ブログというか雑記

真面目なので、真面目なことしか言えません。部屋を明るくして離れて見てね。

大迫選手からみるインターネット帰属意識

こんにちは。

 

文章長めです。部屋を明るくして離れて見てください。

 

最近世間はW杯一色で大盛り上がりを見せていますよね?W杯で世間が大盛り上がりを見せていない世界線の人はブラウザの戻るボタンを押しても構いません。

 

私はサッカーに全く興味がありません。本当に興味がなく、サッカーの試合を1試合テレビで観れたことすらありませんし、観ようとも思いません。「観たら楽しいよ!」と言われようと、別に観たくないのだから観ません。

 

今回は別にサッカーの話がしたい訳ではなく、W杯で盛り上がっている世間が存在することによって生じる二次被害について話がしたいので、文章を書いています。

 

二次被害と言いましたが、特に害を被っている訳ではなく私の語彙でそれに当てはまるものが見つからなかったため二次被害と言わざるを得ず、このような表現になっていることを了承ください。

 

 

 

最近、Twitterで下記のようなツイートを目にします。

 

〇〇半端ないって。あいつ半端ないって。

〇〇してるもん。そんなんできひんやん、普通。

 

突如としてTwitterに現れた謎の構文。しかも、気づけばRTでまわってくるわフォロワーの方がツイートするわでタイムラインを埋め尽くすまでになってきています。

 

SNSにしか自分の居場所を見出すことが出来ない私は、これは一体なんの騒ぎなのだと慌てふためきました。ので、とりあえず、私が「調べ物」という分野においては全幅の信頼を置いているAI、Siriに相談してみました。

 

f:id:n_dwu:20180623032533j:image

 

f:id:n_dwu:20180623032539j:image

 

f:id:n_dwu:20180623032602j:image

 

Siriによるとそれはできないそうなので、仕方なく諦めて自分で調べることにしました。Siriに対する私の信頼が崩れ去った瞬間でした。

そして、おそらく一連のツイートは以下のことを元ネタとするものであるということが判明いたしました。

 

‪大迫半端ないって - ニコ百

http://dic.nicovideo.jp/id/952441

 

なるほど、おそらく大迫さんというサッカー選手の方がW杯で活躍していてその繋がりでこの構文が流行っている(?)ということがなんとなく掴めました。

 

しかしながら私は大迫選手を存じ上げていませんし、冒頭で言ったようにサッカーに対して全く興味が無いため、大迫選手を知りたいとも思えません。

 

それでもTwitterには謎の構文が流れ、私にはTwitterしか居場所がありません。自分が居場所だと思っていた場所が、いつのまにか自分の知らない場所になってしまっている。

まるで数年離れた故郷に帰ってきたかのような疎外感。

しばらくポケモンをやっていなかったらいつのまにかメガシンカという謎の新要素が追加されていた時のような衝撃。

そういったものに襲われながらも、私はTwitterで生きなければならない。だってそこしか居場所がないんだもん。

 

ここで注意しておきたいのは、この疎外感の理由は自分が全くサッカーに興味がなく大迫選手を存じ上げていないからという至極単純なものであることは、自分でもわかっているということです。

 

もし自分がそういったことに深い知識を持っていたのであれば、今回の「〇〇半端ないって」構文も十二分に楽しむことが出来ていたでしょう。

 

そもそも、なぜTwitterにおいて『構文』と呼ばれるものが流行るのか。

これはもはや日本文化のひとつともいえる「お約束」という概念にその片鱗を見出すことができます。

「様式美」といってもいいかもしれません。

 

『構文』は、その構文を把握している人にとっては非常に愉快なものであるといえます。それは、単純な語感(もしくは語意)の面白さと、「その構文を理解しているコミュニティ」への帰属意識によって引き出されるものです(諸説あり)。

 

『構文』の理解にはこの二つの要素が不可欠なのではないでしょうか。

あなたがもし一昔前、「ぽきたw魔剤ンゴ!?」とか言っていたり、前前前世(RADWIMPS)」の歌詞改変を垂れ流していたりしたのであれば、この考えに一定の理解を示すことが出来るはずです。

また、アカウント名が「〇〇」であったり「〇〇」であったりするTwitter文化も、似たようなことが言えるでしょう(ただし、このような事例に関しては前述のことに先立って特定のコンテンツへの愛が存在するということは考慮しなければならない)。

 

ここまで述べたように、Twitter文化(ひいてはインターネット、SNSの文化)の理解には、「お約束」文化の理解と帰属意識という要素の把握が欠かせないものなのです。

 

今回私が「大迫半端ないって構文」に対して疎外感を持つに至ったのは、私自身が、「大迫半端ないって構文」の「お約束」要素やその背景への理解が足りていないからでしょう。

そんな私が「大迫半端ないって構文」に溢れかえるTwitterに疎外感を覚えるのは、もはや仕方のないことだといえます。

 

 

 

Twitterに居場所がなくなった私は

 

 

 

新たな居場所を探し求めて

 

 

 

 

 

TikTokはじめました!

 

f:id:n_dwu:20180623145245p:image

 

f:id:n_dwu:20180623145221j:image

 

 

 

 

それではTwitterのみなさん、さようなら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2018.06.23追記】

TikTokやめました。うるさすぎる。

2018年というなんとなくすっきりした数字の年のなんとなくすっきりしない話

こんちは。

 

人生100年時代といいますが、今の100年前の世界は「そろそろワイマール憲法制定するか…」くらいだったのに、自分が人生を終える頃には世界はどうなっているのだろうか…と思うと、夜も眠れませんよね?

 

最近思うわけです。自分の脳は小学5年生くらいで止まっているのに、時間はとまってはくれない、と。

痛切に思うわけなんですが、とりわけ最近思っているのが、娯楽へのアクセスの仕方が数年前と比べものにならないくらい進化しているということです。

 

 

例えば映画。

映画だけではありません。放送されたTVアニメやドラマなんかをもう一度観たい。でも録画には残っていない。そんなとき、何が我々を助けてくれましたか?

そう、GEOやTSUTAYAですね。

GEOやTSUTAYAに足を運んで、観たい作品を選んで、何泊レンタルにするか、キャンペーン適用のため5本借りるか…そんなことを悩みながら、店内で作成した会員カードでレンタル。一週間後に店前のポストへ戻したり、延滞してしまったり…。

しかし今や、NETFLIXにU-NEXT、Amazon Primeバンダイチャンネルですよ。

月額いくらか定額で払えば映画もアニメも観放題。数年前に無理して1000円で映画5本を一週間レンタルしていたのはいったい何だったのかという話ですよ。マジで。

 

 

それと音楽。

数年前、誕生日プレゼントに買ってもらったWALKMAN。それに音楽を入れるために何を使っていましたか?

そう、GEOやTSUTAYAですね。

GEOやTSUTAYAに足を運んで、聞きたいアルバムを選んで、何泊レンタルにするか、キャンペーン適用のため5本借りるか…。店頭に並ぶ「今月のラインナップ」から取ってちょっと店内のレコーダーで聞いてみたり…。

それもこれも今ならAppleMusicにLINEMusic、Spotifyなわけですよ。

定額で聴き放題にダウンロードし放題。最新のアルバムもメジャーデビュー間もないバンドのミニアルバムもスマホの中に入れ放題ときたもんだ。

 

 

あとは漫画。

読みたい漫画はたくさんあるけど雑誌も多いしコミックスはもっと多い。そんなとき、世の若者はどうしていましたか?

そう、漫画喫茶と漫画レンタルですね。

いや、そうでもない気もする。

漫画に関しては、そもそも様々なアクセスの仕方があったといえるでしょう。わざわざ漫喫に行かずとも、BOOKOFFで無限に時間をつぶした経験は誰しもありますし、漫画レンタルはある時期から各社が始めましたが、そこまでブームになったという記憶もありません。

とはいえ、今はインターネット大時代。最も気軽に漫画が読める有名な方法があります。

そう、漫画村ですね。

閉鎖されましたけどね。漫画村に対して批判も評価も特にしようとは思いませんが、どちらにせよ、おそらく消費者の立場からすると最も気軽で最もアクセスしやすいものであっただろうことは間違いありません。

 

 

インターネットで何でも手に入れることができる時代。映像も音楽も画像も、インターネットを経由して手に入れることができる2018年。しかしDVDもBlue-rayもCDも本も存在し、大切にされている現在。

自分は今、時代の通過点にいるのだろうな、と思わずにはいられないのです。もしかすると、歴史のどの点を切り取ってもそれはそうなのかもしれないけれど。

 

個人的には、よく言われることでもありますが、DVDもCDも本も遠くない将来消えてしまうのではないかと思います。

 

いや、それに関して特に悲しいなあとか、期待感を抱いたりだとか、そういうことではなく、ただ単に「DVDもCDも本も消えてしまうんじゃないかなあ」と思うだけです。自分は特に物体にこだわるというか、円盤だとか紙の本の手触りとかにこだわる気持ちをあまり持たないので、消えるなら消えてもいいし、ずっとあるならそれはそれでいいなと思いながら、今日も今日とてAppleMusicで音楽を聴きながら、漫画アプリで漫画を無料で読んでいます。TV番組ではなく、Youtubeでゲーム実況を観ることを楽しみに生きています。

 

おわり。

 

 

タイトルの長さがラノベ並。

 

 

 

f:id:n_dwu:20180608032822p:plain

日本の国民的アニメについて

サザエさんというアニメがある。

元々は漫画であることはもちろん周知のことではあるが、もはや国民的漫画というよりは国民的アニメという方が事実に近いだろう。多くの日本人が1度は目にしたことがある日曜夕方のアニメ、それがサザエさんである。

このアニメの特徴は、その時代背景である。漫画として新聞連載を行っていた時期というのが、1946〜1974年である。

日本の戦後間もなく連載が開始し、高度経済成長を遂げ安定成長期と呼ばれる時代に入るまで、連載紙を変えながらではあるが連載が続いていた。

つまり、サザエさん一家とそれを取り巻く人々が暮らしている時代は、日本の戦後70年の歴史のうち、初めの30年間でしかないのである。実際、サザエさん一家はいつまでも自家用車を持たないし、誰一人として携帯電話を持たない。(時折、スペシャル等でそういった描写があることもあるが、通常のアニメ時でそれらが役割を持つことはほとんど無い。)

極めつけに、磯野家の電話はいつまで経っても黒電話である。2018年現在の子どもは生まれた時から携帯電話があった世代。ましてやその親世代、20〜30代前半ですら、生まれた時には黒電話は無く固定電話。しかも家庭によってはFAX機能付きくらいのものである。

 

このアニメと同じ性質をもっている国民的アニメが、「ちびまる子ちゃん」である。

サザエさんと同じく日曜夕方のアニメとして定番となっているが、ちびまる子ちゃんの中では未だに山口百恵さんがトップアイドルであり、山本リンダの『狙いうち』をまる子が口ずさむ描写も見られる。

少し調べるとわかることだが、ちびまる子ちゃんは1975年頃の静岡での日常が描かれている。よく考えると、その時代は既に2018年現在から40年以上も前の日本の姿なのである。現代の若者からすると、もはや日本史の教科書の世界である。

その時代の日本を描いているアニメが21世紀も20年が経とうとしている今の日本であっても国民的アニメとして名を馳せているのである。よくよく考えると、驚くべきことではないだろうか。

 

これらのアニメが、もう何十年も前の日本の、なんのことはない彼らの日常を描いているアニメが、未だに広く受け入れられている。20を過ぎた私からすると、今の小学生が果たしてこれらのアニメを受け入れられているのかは正直定かではないのであるが、しかしながら国民的アニメとしての地位を確立しているのはやっぱり確かなのである。

 

 

 

いや、長ったらしく書いたけれど、なんでこれらのアニメが未だに受け入れられているのか自分にはよくわかりません。わからないねー、という話をしただけのブログです。日常を描いているだけなのに、それが面白い、というのがこれらのアニメの特徴ではあると思うのですが、それって最強なのでは?と思うわけです。

最近の漫画やアニメ(よく考えると最近のものには限らないけれど)は、やたらと謎の支配者から殺し合いを命じられたり、孤島でバトルロワイヤルが始まったり、そういうある意味過激な設定なものが多いわけで、それらの作品って面白いけれど、非日常を描いている時点である程度興味深く読めるようにはなっているのかなとも思うわけです。

まぁ特に何が言いたいわけでもなく、サザエさんとかちびまる子ちゃんって、すごいアニメだなぁと思ったので、それを文章にしました。

おわり。

 

 

 

少なくとも、2018年現在、全自動たまご割り機は一家に一台存在しない。

 

 

 

f:id:n_dwu:20180608020755p:plain

沖縄で沖縄そばを食べた話

9/9〜9/12の4日間を沖縄で過ごした。


沖縄に行くのは初めてのことで、飛行機への不安と未知の地への期待を膨らませながら福岡空港から飛び立った。那覇空港に降りたつと旅の幸運を感じさせるような澄み渡る青空に迎えられた。はいさい。空港のレストランは値段が高いわりに量も少ないということで少し離れた沖縄料理店を目指してモノレール「ゆいレール那覇空港駅に向かった。空港から出た瞬間に口から漏れ出た言葉は「さすが沖縄」。それでも真っ盛りというわけではないのかもしれないが、少し涼しさが感じられ始めている福岡と比べると、とにかく暑かった。県庁前のデパート「パレットくもじ」地下にある沖縄料理店「ふる里」で沖縄そばセット(¥975)を注文した。沖縄そばに沖縄の料理であるジューシー、ジーマミー豆腐ミミガー、もずく酢のついたかなりお得なセットだった。早速沖縄料理に舌鼓をうち、幸先のいい沖縄の旅のスタートとなった。


とはいえ旅の主な目的は、在団する九大混声合唱団の九州合唱コンクールへの出場であった。9/10に行われる本大会は、11月に東京で行われる全日本合唱コンクールへの出場権を獲得するためのものであったので、要するにとてつもなく重要な大会だったのである。結果から言うと、金賞一位で無事全国への切符を獲得した。その夜は国際通りの「海援隊」グループの某店舗でオリオンビール泡盛を思いっきり楽しんだ。泡盛に心を奪われまんまと近くの土産屋で泡盛を一本購入し、ホテルへとタクシーで帰った。
沖縄での滞在については、沖縄のタクシーについて触れなければ語り尽くせないだろう。初乗り550円で、高くとも1000円強用意すればある程度のところならば行けてしまう。特に今回は合唱団で来ており、4〜8人で行動することが多かったため、割り勘で高々300円で移動することができた。


大会の終わった後の9/11,12は首里城をはじめ様々な観光地を巡った。綺麗な海を楽しむスポットから戦争に関わりのある地まで、観光タクシーや観光バスで廻っていた。そして今、福岡への飛行機の中でこの文章を打っている。電波使えなくて暇なので。こうして3泊4日の沖縄という非日常の旅は終わりを告げた。


沖縄での非日常を感じている間に私はとあることを痛感した。それは、私が沖縄での非日常を感じている間にも沖縄の人は沖縄においてそれぞれの日常を過ごしているのである、という至極当たり前の事実である。私が沖縄料理に感激し、泡盛に出会っている間にも、沖縄の女子高生はいつも通り通学し、国際通りの客引きはいつも通り大声をあげ、那覇のタクシー運転手は観光客を載せている。私が様々な感動を得た「沖縄」は、誰かにとっての生活空間であり、私が非日常を過ごした「沖縄」は、誰かにとっての日常なのである。


だからどう、ということはないが、そのことが私にはとても新鮮に思えたのである。博多ラーメンを日常の一部として食している福岡の一般的大学生としての私が存在すると同時に、博多ラーメンを特別な非日常の一部として食している観光客が存在する。ソーキそばを日常の一部として食している沖縄の人々が存在すると同時に、ソーキそばを特別な非日常の一部として食している観光客としての私が存在する。同じ空間、同じものを感覚しているにもかかわらず、それぞれの感覚は異なっている。不思議だなぁというか、おもろいなぁと思う。おもろいといえば、おそらく日本の中でおもろい駅名堂々の一位であろう沖縄県那覇市おもろまち駅」に行けなかったことは悔やまれる。


私が日常として感覚しているものも、たまには角度を変えて感覚してみるとおもしろいのかもしれない。そのことを非常に感じた沖縄での非日常であった。


あと、言い方には気をつけなければならないが、沖縄という場所では「戦争」がある一定の産業になっているのだと知った。戦争跡地や資料館はその維持のためか入場料をとり、まわりにはそこに観光に来た人を客として様々な店が軒を連ねる。それを口実に商売をしている、というと聞こえが悪いが、そういう面もある、ということである。
資料館に入り戦争の凄惨さを見せつけられると、「戦争」というものが「観光」の一部になっているというのは良くも悪くも、良くも悪くもという感じである。


そんなことをつらつらと書いていると、飛行機が降下体制に入った。数分後には福岡、すなわち私にとっての日常に戻っていくのだろう。思えば、普段そうそう乗らない飛行機を使用したことで、非日常と日常の境が明白になっていたのかもしれない。


さようなら、沖縄。にふぇーでーびる。

6/3九大フィル定演にて

九大フィルハーモニー・オーケストラさんの演奏会に行きました。

正直オーケストラにもクラシック音楽にもそんなに興味はないけれど、とりあえず同じ大学の音楽サークル(部活?)だし知り合いも結構いるのでまぁ聴きに行くかという感じで行きました。目標は演奏中に眠らないことでした。

いよいよ開演という感じでドヴォルザーク/序曲「謝肉祭」が始まりまして、よくわかんなかったけれどなんかすごくてもう カッケエ は?なにこれ ヤバい みたいな感じでもうあっという間に曲が終わって拍手。もう意味がわかりませんでした。

そこからもうあっと言う間の2時間でブラームス交響曲第二番ニ長調のクライマックス(と言っていいのか?)まで一気にもう「うおー!」「なんなんだー!」って感じのテンションでした。いや、カッコよすぎました。

ということで簡単に言うとめちゃくちゃ感動したんですけど、なんかこう、、、アクロスシンフォニーホールのすべてが楽器と化したような演奏で、なんか空間を奏でてる?みたいな?よくわかりませんけどそんな感じの感覚に襲われました。

曲を生き物としているような、、、そんでもって(正直素人中の素人なのでどの楽器がどの音を出していたかもよくわからないんですが、)各楽器のそれぞれが細胞みたいな感じでそれぞれの役割を全うしながら生き物としての曲の全身が感情を持って動くような、そんな演奏でした。

 

あ~~~~~すごかったです。

フィルの方々は本当にありがとうございました、そしてお疲れ様でした。冬の定演も必ず行く、そんな気分になるような素敵な演奏会でした。

 

追記というか感想付け足し

特にバイオリンを見てて思ったのですけれど、同じ楽器の奏者って同じ動きをするんですね。あのあたりのバイオリンが全く同じように動く一体感は音楽に確かな影響をもたらしているというか、耳じゃなくても、目でも音楽は感じられるのだな、と思いました。

イキスギ

 

①よくよくなにか一つのきっかけで「価値観が変わった」とか「人生が変わった」とか言う人が居るけれどそんな簡単にコロっと変わるような価値観しか持っていなかったのだろうかそんな人生しか歩んでなかったのだろうか。

 
とか
 
②なにか一つのきっかけで人生や価値観が変わるようなことは往々にしてあることだし、だからこそなにかきっかけを得るために奔走するべきだ。
 
とかありますよね。
 
①側の人は②側の人のアクティブさを揶揄したりコスパの悪さを馬鹿にすることもあります。
 
②側の人は①側の人の考え方をひねくれていると評価したりだとか「そちらこそそんなきっかけも無いような人生しか送ってこなかったのか」と侮蔑することもあります。
 
①も②もそれぞれある程度納得のいく考え方だと思います。
 
①はいい意味でも悪い意味でも頑固
②はいい意味でも悪い意味でも柔軟
 
と言えるかもしれません。
 
しかしどちらも行き過ぎは良くないと思うのです。
 
頑固過ぎて全く外部からの刺激を受けないようなものでも良くないし、柔軟過ぎて外部からの刺激をそのまま受容するのも良くないと思います。
 
ここから完全に僕個人の意見なのですが、
 
この「行き過ぎ」というのはつまり「思考停止」なのではないかなぁと思うのです。
 
頑固すぎる人はただ1つの価値観を持ってさえいれば他の考えを排除できる…思考停止。
 
柔軟すぎる人は何も考えなくともただ与えられた価値観にすがっていればいい…思考停止。
 
思考の停止はとても楽です。でも考えることを放棄した人は何も生み出すことはできないし何も人に与えられないと思うのです。
 
それだけの話でした。
 

地下鉄

 JR筑肥線福岡空港方面に乗り進んで往く。

 
 すると姪浜駅を過ぎたところで、姪浜ドライビングスクールを横目に「JR筑肥線」は「福岡市営地下鉄空港線」に変化する。

 私はこの変化の瞬間が苦手だ。列車は轟轟とした音を鳴らしながら暗闇に吸い込まれ、やがて地下の灯りに照らされる。私にはこの瞬間によってなにか日常から非日常に、言い換えれば異世界に曝されるような気分になる。
 
 乗り物によって異世界に引き込まれるという発想は、おそらく人間社会に根強いものである。一例としてタイムマシンがある。タイムマシンという発明品の発想は世紀が21世紀に変わる前から存在するものであり、例えば漫画「ドラえもん」では板のような床に機器が付いた乗り物をタイムマシンとして登場させている。(ところで、あのタイムマシンは何故あれほど不安定な設計なのだろうか?あの枠も何も無い三畳ほどの床から落ちただけで時空の淵を彷徨うというリスクをそのままにタイムマシンとして使用するというのは、あまりに危険ではなかろうか。ただ、それが数々の物語を生み出してきたし、漫画の話だろうと言われると反論の余地も無い。)
 
 また、川端康成の「雪国」におけるこれもまたあまりに有名な一節、『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった』。こちらも乗り物が異世界(とも呼ばれうる場所)へと引き込む一例といっていいかもしれない。
 
 閑話休題。そもそもは地下鉄の話である。
 
 だがしかし、地下鉄に非日常性を覚えるからどうという訳でもなく、ただただそういう気分になるというだけの話である。もしかすると暗闇がどうとか轟轟とした音がどうとか、ということではなく、JR筑肥線沿線に住んでいたからこそ、そこに日常性を見出しただけなのかもしれない。この春から市営地下鉄沿線に居を構える(と言っても下宿するだけなのだが)身として、次は地下鉄に対してどんなイメージを自分は持つことになるのだろうか。そういった意味でも新生活への期待は高まるばかりである。
 
まとまりのない文章である。