雑記かけうどん

生産性のないことを考える

鈴木春信展に行ってみたらすごくよかったという話

※この記事は鈴木春信展の構成に関する微小なネタバレがありますがほとんど関係ないと思うので読み進めてもらって構いません。ネタバレすんなよと思っても自己責任でお願いします。俺は無実だ。

 

 

福岡市博物館で開催されている「鈴木春信展」に行ってきました。

 


f:id:n_dwu:20180803184242j:image

入り口の壁。

 

鈴木春信については「あー高校日本史で出てきた気がすんな」くらいの感じでしたが、何かに突き動かされて(暇だったのもあって)行ってきました。

 

そもそも鈴木春信とは何者なのか?

簡単に言えば、「錦絵」という木版多色摺りの技法の確立に決定的な功績を残し、浮世絵の発展に大きく寄与した人物です。

もっと簡単にいえば、たくさんの色を使って浮世絵を書いた先駆者的な立ち位置だと思います。

 

この錦絵が画期的だったことを説明するために、錦絵流行以前に流行していた「紅摺絵」との比較を見て頂きたい。

 

紅摺絵(墨に赤・緑の2色摺りを加えた絵)

ç³å·è±ä¿¡ã中æå代ä¸é æ読ç¾äººã

石川豊信
「中村喜代三郎 市村亀蔵 おきく 幸助」

 

錦絵(たくさんの色)

f:id:n_dwu:20180811235733p:plain

鈴木春信

「夕立」

 

 

 

めちゃくちゃすごくないですか?

鮮やかさがすごい。

実際、この「鈴木春信展」は最初に春信以前の紅摺絵の紹介がされ、その後に春信の作品が並んでいます。

私はまずそれで感動しました。

即座に鈴木春信の功績がわかるような構成になっているんですね。

 

 

また、春信の功績だけではなく、浮世絵のよさも伝わってきました。

私はこれまで歴史資料集などの本の上でしか浮世絵を見たことがなかったのですが、浮世絵の原本を見てみると、めちゃくちゃ凸凹してるんですよね。

ã空æºããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

これは「空摺り」という技法らしく、着物の柄に使われたり、また川のうねりの表現にも使われていました。

これは原本を見れてよかった、と思えるポイントでした。

 

 

 

当時浮世絵がどんな存在だったのかもなんとなく知ることができました。

庶民が箱に貼ったりして楽しんでいたという、月ごとの行事を描いた楽しい感じの絵があったり

絵にガッツリ依頼人の名前が書いてあり、えらい人に依頼されたんだろうなぁという絵があったり

いろんな種類の絵があり、当時浮世絵が社会にどう受け入れられていたのかをなんとなく感じることができました。

 

 

この「鈴木春信展」、ところどころに山田全自動さんの絵があったり、途中写真が撮れるスペースがあったりと遊び心もありました。

f:id:n_dwu:20180812001800p:plain

これを顔につけてSNSに上げれば1000000000シェア間違いなし。

暇な人もそうでない方も、ちょっとでも気になる人は行けば後悔はしないと思います。

私自身、文学部でも芸術学部でもなく専攻も江戸時代じゃないし「浮世絵ってなんや...?」と思いながら中に入って行きましたがそれでも「良い」と思えたので、「良い」んだと思います。

是非に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに「鈴木春信展」で一番面白かったのは「お百度参り」の英訳が「visit なんとかかんとか one hundred times」だと知れたことです。そのまんまかよ。

 

 

電車という箱の中に無数に点在する物語

読書感想文。

 

 

品田遊『止まりだしたら走らない』を読んだ。

止まりだしたら走らない

止まりだしたら走らない

 

 

品田遊、というと聞いたことがない方も多いかもしれないが、Twitterでは"ダ・ヴィンチ・恐山"という名前で活動している人物だ。詳しくは以下のTwitterアカウントページを見て頂きたい。

ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊) (@d_v_osorezan) | Twitter

 

 

Webライターとしてのダ・ヴィンチ・恐山の書く文章が好きだったので、小説家としての品田遊が書く小説を読んでみようと思い、今回『止まりだしたら走らない』を読んだ。

 

結論から言うと、とても好きだった。

 

どういうところが、ということを、ネタバレとならないよう気を付けながら書いていこうと思う。

 

まず、この本の概要について。amazonの紹介文から引用する。

都心から武蔵野の台地を横切り東京を横断する中央線車内を舞台に、
さまざまなヒトたちの個人的な問題をあぶり出す連作短編集。
現代人の共感を呼ぶ、あの人の、私の、誰かの、車内事情。

 

舞台は東京、中央線である。

短編集とは言いつつ、柱として東京駅から高尾山に向かう2人の物語がある。武蔵小金井の高校の自然科学部に所属する都築後輩と新渡戸先輩の2人の物語である。

 

都築後輩の目線で語られる中央線車内(時に車外)の連作と、他の登場人物の短編が交互に描かれているのがこの『止まりだしたら走らない』という本である。

 

 

この本では、それぞれの登場人物の内部に流れる物語がそのまま描かれている。

「内向しすぎて破壊的」というフレーズで紹介されているが、まさしくその通りで、その意味は読んでみないとわからない。

 

会社員、オタク、露出狂、嘘吐き、外国人、女子高生、女子中学生、教員、駅員……それぞれの内部が描かれる。

 

改札口、盗撮、知恵袋、今日の出来事、今日の夕飯、昔の出来事、恋心……あらゆることが描かれる。

 

中央線に乗車する人々の内部が描かれる。

それらの物語は時に交差し、時に全く交差しない。

しかし、確かにひとつひとつの物語はひとつひとつの物語として存在している。

 

その心地よさと驚きを感じることができる。

「面白い」というより、心地よさと驚きの方が大きかった。

非常に良い本だった。

 

 

 あと、イラストがerror403さんなのでそこもとても良いです。

2nd_error403 (@2nd_error403) | Twitter

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

何を言っているのかわからない感想(+α)

 

同じ電車を扱っている本として有川浩阪急電車』がある。

それぞれの人の物語が交差するという点では似ている部分があるとはいえる。

しかし、完全に『阪急電車』とは違う点がある。

 

作者が違う、ということである。

 

当たり前だ、と思われるかもしれない。私もそう思う。

この本『止まりだしたら走らない』は、品田遊(ダ・ヴィンチ・恐山)だからこそ書ける本である。

 

この本のすごいところは、

登場人物が全員ダ・ヴィンチ・恐山であるということだ。

それでいて、登場人物が全員違う自我を持っている。

 

登場人物が全員ダ・ヴィンチ・恐山というと語弊があるかもしれない。

さらに正確に言おうとするなら、登場人物ひとりひとりからダ・ヴィンチ・恐山の視野を感じることができるということだ。

これも、ダ・ヴィンチ・恐山が書いているのだから当然と言われるかもしれない。

私もそう思う。

だが、この本を読むとさらにそう思わざるを得ないのである。

 

何を言っているかわからない、と思う方はとりあえず読んでほしい。

恐らく、少しは共感していただけることだろう。

 

とにかく、本当にオススメの小説である。

 

電車に乗るということ

それは目的地があるということだ。

 

と、思う。

 

電車に乗っている一人ひとりがある目的地を目指している。目的地に向かうために電車に乗っているのである。

たとえ目的地を持たずにふらりと電車に乗り込む人がいたとして、その人もどこかの駅で降りることになる。これは後付け的にはなるが「目的地」と呼ぶことができるだろう。

 

誰かの通過点は誰かの目的地である。

また、誰かの出発点が誰かの目的地であり得る。

これらのことは当然のことではある。当然のことである余り普段そんなことは意識しない。

 

 

そしてその駅を目的地としている人にとっても、その駅は通過点でしかない。

駅で降り、改札を抜け、足取りを進めることによってのみ目的地へ向かうことができるのだから。

 

 

すべての駅は誰かの目的地である。

それと同時に、そこに辿りついた全ての人々にとっての通過点である。

 

 

当たり前のことだけれど、電車というものについて考えるまで気付くことが無かった。

という話。

これまでの人生で一度も許したことがないものについて

【注意】今回、かなり私個人の怒りをぶつける記事になっています。

もしかすると気を悪くする方がいらっしゃるかもしれませんが、ご了承ください。

 

 

 

 

「ダジャレを言うのは誰じゃ?」

というダジャレをこれまで許せたことがない。

美しくないからである。

 

 

まずこのダジャレの美しくない点を2つ指摘しよう。

 

 

1.「ダジャレ」と「だれじゃ」では微妙すぎる

 

最大の欠点である。そもそもこれはダジャレなのか?という疑問がある。

Wikipediaによると、ダジャレとは次のようなものである。

駄洒落(だじゃれ)とは、同じ或いは非常に似通った音を持つ言葉をかけて遊ぶ一種の言葉遊び。

「ダジャレを言うのは誰じゃ」という文言を仮にダジャレとするならば、これは「非常に似通った音を持つ言葉」をかけているということになるのだろう。

しかし、ここで注意しなければならないのが母音である。

「ダジャレ」の母音は「ああえ」であり、「誰じゃ」の母音は「あえあ」なのである。

ここがこのダジャレの美しくないところで、 「だ」「じゃ」「れ」の3つのパーツを使っていることは共通しているものの、母音が違うため全くダジャレ感が無いのである。

「だ」「じゃ」「れ」の3文字が共通していればダジャレになるだろうという、安易な思考の産物なのである。実に美しくない。

母音が違うという事実はかなり大きく、例えば「ダジャレを言うのは誰じゃ」よりは「ダジャレをいうのはサザエ」の方がダジャレ感があるだろう。と思ったけどそんなことなかったね。

ともかく、ダジャレに成り得ないワードを用いてアナグラム的に組み替え、それを無理矢理組み合わせたのが「ダジャレを言うのは誰じゃ?」という文言なのである。

(ここだけの話ですが、「無理矢理」の「矢理」の部分は「矢口真理」の略です。) 

 

 

2.無理矢理組み替えてダジャレにしようとする奴がいる

 

この事実には、私はかなり憤りを覚えている。

例えば、「ダジャレを言うのはだ(じゃ)れじゃ?」などという輩がこの日本に存在している。

率直に言う。「(じゃ)」ってなんだよ。

そもそも元のダジャレが美しくない上に、さらに加筆を加えて醜さを増進させる行い、まさに外道である。完全に道を外れている。

「2」の下に「ノ」をつけて無理に「3」にしようとする小学生と同程度の発想である。実に醜い。

 

もう一つある。「ダジャレを言うのはだじゃれ?」という文言である。

もはや意味不明である。日本語で話せ。

私が初めてこの文言に出会ったのは、アニメ「かいけつゾロリ」にあった毎週ダジャレをいうコーナーである。当時私は小学校低学年であったが、幼心に「いい加減にしてくれ」と思った記憶がある。

 

 

 

ここまで私の怒りを思うままに書いてきた。

ここまでインターネット上に怒りを表明したのは初めてだったため、不快な文章になっていないか心配な部分もあるが、この感情は事実であるため仕方がない。

 

比べて、私が最も美しいと考えるダジャレは

「アルミ缶の上にあるみかん」

である。

ãã¢ã«ã缶ã®ä¸ã«ããã¿ãããããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

私が初めてこのダジャレに出会ったとき感動の涙を流したことを克明に記憶している。あれは運命の出会いだった。

このダジャレ、簡潔性現実性という要素を完全に満たしている。

アルミ缶の上にあるみかん、つまり「みかん on the アルミ缶」である。何と簡潔であることだろうか。

この世界には「みかん」と「アルミ缶」しか存在しない。

この短文だけでその情景がありありと想像される。

あまりに美しい。

 

 

皆様におかれましても、人生の中で「美しさ」を追い求めてよりよいダジャレ・ライフを送って頂きたく思う。

 

それでは。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに「矢口真理」は本当は「矢口真里」なので無理矢理の矢理は矢口真里ではありません。信じてしまった純真な心を持つ方々、ならびに矢口真里界隈の方々全員にお詫び申し上げます。

 

いいねされなくても好きな曲を言う

こんにちは。

今週の自己満足のコーナーです。

 

最近はTwitterのタイムラインで「#いいねで好きな曲とか答えます」という診断メーカーが流行っていて、いろんな人の好きな曲が知れて楽しい生活を日々送っています。

 

私もそれをしようと思ったのですが、私の好きな曲というのは誰にも需要がなく「0いいね」でタイムラインの奥底に流されていくことになるので、ここで勝手に独り言のように好きな曲を垂れ流そうという寸法でこの文章を書いています。

 

もしこの記事を読んでくださっている物好きがいれば、各曲ともPVリンクを貼っておきますので、気になる曲があれば聴いてみてください。

 

ということで診断メーカーしてもらいました。

f:id:n_dwu:20180721210753j:plain

 

https://shindanmaker.com/810298

 

これに沿っていいねされてはいませんが答えていきます。

それではいきます。

 

1.恋してる時聴きたい曲

 「うまく言えない」/ゆず(2008年)

 

ゆずの楽曲の中で3番目くらいに好きな曲。1番はずっと「飛べない鳥」。ラブソングとしては現状1番好きな曲。

ゆずの曲にありがちですが、サビ前が特にすごい良いのでぜひ。

 

 

2.オススメしたい曲

性善説」/amazarashi(2013年)

 

自分はamazarashi初心者ですが、それでもこの曲の溢れ出る「amazarashi感」はわかります。この曲を聴いていいな、と思った方は他のamazrashiの曲を是非聴いてほしい...。

そういう意味で「オススメの曲」です。

 

 

3.最近ハマっている曲

「春恋、覚醒」/空想委員会(2016年)

最近ハマっている曲というか今更ながらハマっている曲。

なんとなくYoutube流し聴いていたらとても曲調が好きだったので最近一番聴いてます。でも歌詞をじっくり見たらストーカーじゃねえかってなりました。でもすごく好きです。

 

 

4.カラオケで高得点は出ません。

 

 

5.元気になる曲

シリウス」/藍井エイル(2014年)


神アニメ「キルラキル」の第一期OPです。曲が良すぎる。歌詞も。

Youtubeにアニメ映像付きのMADがあるので有識者は是非見てください。キルラキルを思い出して泣くので。

 

 

6.夏に聴きたい曲

"California Girls"/Beach Boys(1965年)


Vocal Spectrumというバーバーショップ・カルテットがカバーしていて知った曲。

歌詞の意味を知らないので夏の曲なのかも定かではないですが、聴いてみたら「あ、夏だ」と思う人も多いはず。

 

 

7.楽しくなる曲

「Mei Mei」 /ピノキオピー(2018年)

 

 

今月出たばかりのピノキオピーの新曲です。

楽しくなるというか、最高最高最高~!という気分になる曲です。

まじやばい最高。寿司くらい好き。

 

 

8.イライラしたとき聴きたい曲

「フィロソフィー」/amazarashi(2017年)

amazarashi2曲目。MVがすごく好きな曲でもあります。自分にはドキドキするようなMVでした。

この曲自体から何かへの苛立ちのようなものが感じられるので、大音量で聴くと気分がすっきりします。

 

 

9.踊りたくなりません。

 

 

10.冬に聴きたい曲

「チキンライス」/槇原敬之(2006年)


 

 説明要らずの名曲かなあと思います。

 

 

おわりです。

今のマイブームがamazarashi、ピノキオピー、空想委員会なのでこんな感じになりました。好きな曲って結構流動的なものですよね。

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

次は合唱曲限定で書こうかなあ。