雑記かけうどん

全くもって何かを主張したいわけではない

フィクション日本銀行券

自分がいま読んでる漫画『天国大魔境』(石黒正数アフタヌーン)の中で出てきた日本銀行券の一万円札は福沢諭吉の顔が印刷されていた。

先日ニュースでやっていたが、2022年以降の日本銀行券、一万円札には渋沢栄一の顔が印刷されるらしい。

 

『天国大魔境』は(たぶん)設定としては日本の未来を描いている。

つまり、未来の日本を描いているはずの『天国大魔境』の世界観が、部分的には、2022年の日本に辿り着くことができないことになった。

 

 

そういえば、つい先日読んでいた古い漫画(なんだったかわすれた)に新渡戸稲造の五千円札が出ていた。

今となってはほとんど流通していないが、新渡戸稲造のお札は90年代の日本では当たり前に使われていた(らしい)。

 

もしかすると、90年代に描かれた漫画の中には、まだ新渡戸稲造の五千円札が使われている2019年の日本を描いたものもあるのかもしれない。

 

 

フィクションはあくまでフィクション。そもそも現実との整合性を議論することは妥当ではないのかもしれないが、時代の流れによってフィクション度合い(???)が強まるというのは、すこしおもしろい。

と思いました。

「箱」とは何か

箱に閉じ込められている。

 

 

この箱の中に存在する人びとはみな、ここから脱出する事を目的にしている。
いや、「目的のためにここを脱出しようとしている」といったほうが、まだ事実に近いのかもしれない。


閉じ込められている状況の中で、誰一人として動揺している者はいない。誰もが、当然ここから出ることができると思っている。それどころか、ほとんどの人間は、全く知らない他人同士が集まったこの状況の中で、リラックスすらしているようだ。

 

この箱の中でおそらく最もリラックスしていないのは、私の視界の端に見える、幼い男の子を連れた女性である。この箱は時折ひどく揺れるのだが、そのたびにその子供が泣き出すので、女性はあやすのに大変そうである。

 

そう、この箱は時折大きく揺れる。定期的に訪れるその揺れに、私は毎回驚いてしまうのだが、周りの人間の多くは気にも留めない。私の隣の女性など、PCを広げて何か作業をしている。大きな揺れも問題なのだが、それ以上に、制限時間のあるこの箱の中で、よくそんなことができるものだ。

 

制限時間がある。その制限時間は人によって様々だ。先に箱に入ったものが先に脱出するとは限らない。

 


私の目の前の若者はずっとスマホをいじっている。この男は、私がここに来る前からこの場所にいた。髪が長く、少ししか見えないが、どうやらBluetoothのイヤホンをしているらしい。

 

私がそのイヤホンに気づいた理由は、その若者の横で立っている男の行動に、その若者が気づいていないからである。背広を着て眼鏡をかけた、50歳前後であろう大柄なその男は、手持無沙汰なのかその若者のスマホの画面をちらちらとみている。その度に眼鏡がずれるのだが、位置を直すときにカチャカチャと音が鳴るのだ。

 

この箱は、かなり無機質だ。


一つの箱の中に何人もの人間が詰められているのに、ここは共空間になっていない。一人ひとりが固有の空間を持っていて、それを妨害されることを望んでいない。望んで妨害しようという者も殆どいない。それでいて、それぞれがほかの人間に対して、規律正しくあることを要求している。無言の中で。

 


箱の中の人びとに分け隔てなく与えられるものといえば、定期的にスピーカーから流れる、感情の無い声のアナウンスくらいなものだ。が、多くの人間はそのアナウンスに興味がないようである。というより、敢えて傾聴しなくとも、何を言っているかはわかっているのだろう。

 

私はすることもないので、箱の様子を見渡しながらアナウンスを聴いていた。おもむろに、目の前の若者が立ち上がり、箱から出ていった。視界の端にいた親子も、手をつないで出ていった。この箱から出ていくことは、実質的には非常に簡単なことだ。重要なのは、この箱からどの時点で出ていくか、ということである。

 

新たな人間たちが入ってきた。私より後にこの場所に入ってきた彼らが出ていくのは、私より後だろうか、先だろうか。

 


と、考えていたものの、すぐにそれを考えるのは無為なことだと気づいた。なぜなら、次は私が出ていく番だからである。

 


「降り口は右側です」というアナウンスを確認し、私はこれから開くであろう扉の前に立った。

ぷにゃ

むちゃくちゃ偏った思想ばかりをTwitterで主張する人の多くのことを少し、馬鹿らしい、と思っていたけれど

最近、それによって、Twitterという本来「グループ化」の機能を持っていないサービス上で一定のグループができていて、そのグループの中には同じ思想を持った人々しかいなくて、

つまり、Twitterは本来的に「個人」での発信しかありえないのに、自然に枠組みが形成されていて、「社会だ…」と思った。

 

それと、偏った思想ばかりを主張することである枠組みへの帰属を表現しているのであれば、それはそれで気持ちはわからなくはないかな、とも思った。

 

理解するだけで、共感するわけではないけれど。

もにょ

ふと、将来「一般人」という言葉は消失していくのではないか、と思った。

 

普通に生活していても、隣の人が考えていることと私が考えていることは違うだろう。

それは当たり前としても、何かを見たり、聞いたり、知ったりしたときに、隣の人が感じることと私が感じることは違うだろう。

 

それも当り前かもしれないが、歴史的(というほど大きな枠組みではないが)に見たときに、現在の社会は、かなり一人一人の考えが異なっている。ゲマインシャフトだのゲゼルシャフトだのはよくわからないが。

 

その要因の一つにスマートフォンの普及があげられるだろう。少し前の時代では、民衆が情報を得るための手段は、基本的にテレビ、新聞だったのだろうが、それらがもたらしていた情報は、スマートフォンを通して得られる情報に比べて、「多様性」という点では比べるべくもなく劣っているだろう。

 

話は変わるが、私は21歳で、社会的には「若者」である。よく言われることだが、若者でない人びとが使う「近頃の若い者は」という言葉の「若い者」の中に勝手に私を入れないでほしいと思うし、若者が使う「私たち若者は」という言葉の「若者」の中に勝手に私を入れないでほしいと思う。

 

もっと言うとある思想の人がよく使う「日本人は~である」という言葉の「日本人」の中に勝手に私を入れないでほしいと思う日本人もいるのだろう。

 

 

とにかく、いま、「個人」を「何らかの枠組み」の中に所属するものとみなすことに少なからず抵抗がある。そのこと自体に妥当性は多少あるのだろうし、歴史的にも、ある時代に生きている個人は「その時代のある枠組み」の中の一部とみなされることが非常に多かったのだろう。

しかし、いま、「一般人」という言葉で人間を一般化するには人間は、多様性を持ちすぎたのじゃないかと、ふと思った。

 

 

と、思っていたのだが、最近、SNSとかをみていて、何か特定のものを叩く行為への便乗だとか、逆に、なにかを素晴らしいものとして認めなければならないような同調圧力だとか、

そういうものが目に付くことが多く、結局、個人は何かの枠組みへ所属し続けるのかもなとも思った。

自分も含めて。

 

 

 

基本的に、日本においての話をしている。

 

多様性という観点においてスマートフォンをはじめWebから得られる情報の優位性について言及したが、本当に多様性という観点においてのみ、そう思っているだけであり、それ以上でもそれ以下でもない。現時点で、情報の質として、テレビ・新聞の情報がWebメディアの情報より劣っているとは思っていない。TV新聞において偏向報道などの問題は依然として存在するのは確かだが、それでもWebメディアの情報の質自体は非常に悪劣だと、個人的には思っている。どちらにせよ、受け取る側の問題でもあるのだろうけれど。

 

 

むにゃ

著名人が自身のブログ(というかnote)に意見を書いた。

原文の文字数は(ブログ形式のものとしては)結構多いと思うのだが、それをスマホのスクショ3枚の部分だけ切り取り、その著名人の意図とは違う形で、あるアカウントがツイートした。

そのツイートが一時的にRT勢いランキング11位にのぼっていた。

Twitterはわかりやすいものが拡散されやすい。し、共感されやすい。

じゃがりこの怖い噂

じゃがりこってありますよね?

実はあれの原料、人間の骨らしいんです。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。うそでつ。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。すまん